2017年3月28日火曜日

魅惑のクリスマスローズ🌸

昨日は所によっては雪も降り寒い一日となりました。

ブログでも何度か登場している「クリスマスローズ」ですが、
色や形状の種類が豊富なこともあり、園芸種として大変人気があるお花で、
教会を訪れる方からも時折お褒めの言葉を頂きます。
数年前、敷地内に点在していたクリスマスローズを集め、サロン横に花壇を作りました。
クリスマスローズの原産地はヨーロッパで、クリスマスの時期になると白い花を咲かせるので「クリスマスローズ」と名付けられましたが、実はバラ科の植物ではありません。
また、ヨーロッパではクリスマスローズは原種を指しますが、日本では、原種、交配種に関わらず全てを指し示し、その種類は色、形によってとても豊富にあります。

クリスマスロ―ズの花びらは実は花びらではなく、本物の花びらは退化しており、
中心部分を囲む小さな筒状の蜜腺という器官になっています。(シングルのクリスマスローズだとその部分が良くわかります)
花びらの様に見える部分は、実はガクの部分にあたり、その為にクリスマスローズの花びら(ガク)は通常の花びらの様に散ることがないのです。
…という、構造も摩訶不思議なクリスマスローズの世界、
ロイストン教会にて咲いている品種を通じてご紹介したいと思います。

まずは、最も一般的と言われるシングル(一重)。
中でも赤は育てやすく、鉢植えでも庭植えでも楽しめる初心者には嬉しい強健な品種です。
カップ咲きのシングルレッド。ザ・クリスマスローズ!という感じですね。
白いカップ咲きに、グリーンの蜜腺が清々しいですね

グリーンに赤のピコティ。
そして蜜腺もくっきりバイカラーの面白い品種
淡く優しいピンクにボリュームたっぷり、緑色の蜜腺。
すごくナチュラルでかわいいです…!
こちらは当教会にも一株しかない貴重な色味のブラックです。
写真で見ると、紫っぽいですが実際は黒に近い色をしています。
太陽に照らされると深いブルーに見え、正に名前の通りですね。


続いては、セミダブル(半八重)。
色は白、黄色、ピンク、グリーンと様々な種類があります。
とても可愛いのですが、教会にはあまり種類がなく残念。
ピンクと黄色の2色。セミダブルの内花弁はガクでありながら散る習性を持っています。
その為、咲いてから2週間くらいで散ってしまうのですが、何をもってガクなのかよくわからなくなります…
まだまだあります。
こちらは、(恐らく…)オリエンタリス系ダブル
こちらには単色のものしかありませんでしたが、ピコティ(花びらの外周が異なる色で縁取られているもの)の入ったタイプも多いそうです。

同じ株でグリーンとホワイト、両方の花がつくタイプです
ホワイトのダブル。清楚です。
人気の定番食、ピンクのダブル。
グリーンのダブル。クリスマスローズの原種はグリーンですので、
より野生に近い種類といえるかもしれません。
写真で見てもお分かりの通り、クリスマスローズは首を傾げるように控えめに咲くので、こうやって細かく観察するまで、こんなにも種類が豊富にあったとは露知らず・・・、なんだか新しい発見ができてうれしい気分になったスタッフなのでした。
クリスマスローズが根強く人気な理由が分かりました。
本当に多種多様なクリスマスローズ、教会に咲いているのはその中のほんの一部ですが、
その面白さが少しでも伝えられたならば幸いに思います。
実に個性豊かです🌸
楽しい園芸ライフ(?)、またの機会にご紹介しようと思います。
少しずつ暖かくなってきていますが、寒い日が続いておりますので
皆様もご体調を崩されぬ様お気を付けて、引き続き良い1週間をお過ごしください。



山手ロイストン教会
TEL045-625-1166

2017年3月25日土曜日

3月26日の礼拝

暖かくなったかと思えば、昨日は冬に逆戻りをしたような寒さでした。
そんな中、サロンのお庭のクリスマスローズは見事な満開です。


明日の礼拝は、「伝道者の知恵」をテーマにお話をいたします。
讃美歌は
34番「いのちのたびじは」
298番「やすかれわがこころよ」です。
皆で神様へ感謝の讃美を捧げましょう。

礼拝は通常通り17時半開場、18時より行います。

それでは皆様、引き続きよい週末をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2017年3月21日火曜日

マタニティ―フォト

昨日のぽかぽか陽気から一転、本日は冷たい雨。
まだまだ冬のコートはしまえませんね。

さて、本日のブログは、当教会でご結婚式を挙げられたお二人に新しいご家族が誕生するという嬉しいお知らせと共に、素敵なマタニティフォトアルバムが出来上がりましたので、ご本人の許可をいただき、ご紹介させていただきたいと思います。

撮影スタイルとしてはスタジオ撮影と、ロケーションフォトの2種類があります。
衣装や小道具も自由にご持参いただきお二人らしいオリジナルスタイルで撮影することができます。
マタニティフォトも徐々に浸透してきているので、どんなシチュエーション、ポージングがよいかなど、事前に調べてイメージしておくのもいいかもしれません。
もちろんカメラマンとも相談できますのでご安心下さい。







お二人にとっても良い思い出になりますし、誕生するお子様にとっても将来うれしいプレゼントになりそうですね。
今回は、お二人のご結婚式を担当させていただいたカメラマンにご依頼をいただき、実現いたしました。
とても和やかで楽しい雰囲気だったそうで、ご結婚式だけでなく人生の節目で、こうしてご縁が続いていくことを大変嬉しく思います。
ご興味のある方はぜひご相談下さいませ。

それでは皆様、引き続き素敵な一週間をお過ごしくださいませ。

山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166










2017年3月18日土曜日

3月19日の礼拝

とても気持ちの良いお天気の中、結婚式も無事に執り行われました。
皆さまは3連休、いかがお過ごしでしょうか。
賑やかなパーティーもお開きとなりましたが
まだまだ余韻が残っている気がします。
明日の礼拝は
「伝達者の知恵」をテーマにお話をいたします。
讃美歌は
34番「いのちのたびじは」
298番「やすかれわがこころよ」です。
共に神様に感謝の讃美を捧げましょう。

礼拝は通常通り17時半開場、18時より行います。

それでは皆様、引き続きよい週末をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会

TEL:045-625-1166

2017年3月14日火曜日

プロムナードコンサートVol.4

先週末はお天気にも恵まれ、教会のミモザも満開の中、プロムナードコンサートVol.4を開催いたしました。

今回のプロムナードコンサートはオーボエとピアノのデュエット。
ロイストン教会の室内楽団としても普段から演奏をして下さっている、オーボエ奏者の上田恵さん、そしてピアノ奏者の北村真紀子さんです。
今回もRyosukeさんにプログラム作成をご協力いただきました。
プログラムにも今が見頃のミモザが描かれています。


【プログラム前半】
オーボエソナタト短調BWV1030bより第一楽章(J.Sバッハ)

ピアノソナタ第一番Op.11より第一楽章(R.シューマン)

変イ長調Op.70 アダージョとアレグロ(R.シューマン)

教会は天井が高く、オーボエとピアノの奏でる音が
礼拝堂の中を廻り、音楽に包まれるようです。

ピアノソロ ピアノソナタ第一番
感情のこもった素敵な演奏に引き込まれます。
【プログラム後半】
オーボエソナタより第一楽章(P.ヒンデミット)

ナゼルの夜会より
前奏曲・分別の極み・口車の魅力・フィナーレ(F.プーランク)

オーボエとピアノのためのカプリッチョ(A.ポンキエッリ)

後半は衣装もブルーからバーガンディ、ラベンダーへ変わり
より一層華やかな雰囲気となりました。
オーボエソナタはテンポも速くオーボエもピアノも
よくあんな風に滑らかに指が動くなと目が離せませんでした。

演奏の途中では作曲者や曲の紹介とともに、時代背景や
その曲に込められた作者の思いなども説明をしてくれるので
想像が膨らみ演奏も2倍楽しめます。

ナゼルの夜会は題名からしてどんな曲なのだろうと
とても興味があったのですが、夜会に出席したナゼルが
周りの人々を曲で表現したということで
それぞれ曲に特徴があってとても面白かったです。
最後のアンコールは、ロイストン教会室内楽団の団長植原先生も参加され、
葉加瀬太郎の「情熱大陸」をお届けいたしました。
会場の皆様も手拍子で盛り上げて下さり、約1時間半の素敵なコンサートは幕を閉じました。

今回も多くの方にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
奏者の皆様もお疲れ様でございました。
来月4月16日(日)14:30にもプロムナードコンサートVol.5 フルート&ピアノを予定しております。
奏者:大岡三佐子(フルート)釣川有紗(ピアノ)
チケット:お一人様¥2,000(当日券¥500増)
ぜひまた多くの方にご参加を頂ければと思います。

お問い合わせはこちらまでお願いします。misako.flute@gmail.com

それでは皆様、引き続き素敵な一週間をお過ごしくださいませ。

山手ロイストン教会
TEL045-625-1166





2017年3月11日土曜日

3月12日の礼拝

ベニバスモモが満開になりました🌸

明日は、日曜礼拝です。
「キリストに与えられた機会を生かすにはⅡ」をテーマにお話をいたします。
讃美歌は
34番「いのちのたびじは」
298番「やすかれわがこころよ」です。
共に神様に感謝の讃美を捧げましょう。

礼拝は通常通り17時半開場、18時より行います。

それでは皆様、引き続きよい週末をお過ごしくださいませ。

山手ロイストン教会
TEL045-625-1166

2017年3月7日火曜日

スタッフおすすめ中華街のお店!!

ここ最近、本当に日が長くなり、冬の寒さよりも春を感じることが多くなりました。
そろそろ重いコートを脱ぎたくなってきますね。

さて、以前よりロイストン教会へお立ち寄り下さる方々から、
「中華街に寄りたいので、おすすめのお店を教えてください」というご質問をよくいただいておりました。
そこで、完璧に事務局スタッフの主観にはなりますが、本日のブログでは横浜の代表的な観光地、横浜中華街のスタッフおすすめのお店をいくつかご紹介したいと思います。

■注意■
最近は格段に良くなってきておりますが、中華街のお店は総じて中華的接客スタイルです。多少不愛想に感じてしまうかもしれませんが、あまり気にされないでくださいね。

「慶華飯店」(広東道)
本格的な広東料理を楽しめる、こちらのお店でのおススメは何と言っても「海老ワンタン」です。

スープはあっさりと薄味ですが、海老ワンタンにはしっかりと味がついていて、ぷりぷりな食感がたまりません。
ワンタンの量も多くお値段もリーズナブル。
ぜひ一度は試して頂きたいです。
お店の外観は、コンクリートの打ちっ放しという感じで、看板もとても控えめなので、一見お店とは分かり辛いかもしれません。
混み合う時間は相席は必至です。
一押しは「海老ワンタン」ですが、もしよければ「やきぶたご飯」も食べてみてください!!

「海員閣」(香港路)
食べ物漫画にも出ている有名店!
横浜中華街で唯一、昔ながらのコークスを使って調理をされています。
どれも大変おいしいのですが、やはり外せないのは「牛バラそば」「車エビの殻煮」「焼売」です。
お店でも恐らく人気No1だと思います。
ほろほろで味の沁みた牛バラそば!
こちらが気に入った方は、ぜひ次は豚バラそばに挑戦してみてください。


少しお値段が張りますが、大人数で行く時にはいいかもしれません。
ぷりぷりの食感と香ばしい香りは何度でも食べたくなる味です。

お肉がぎっしり詰まっていて、ひとつひとつも大きく
とても食べ応えがあります。
肉好きには好まれる味です!
お持ち帰りも可。


秀味園(関帝廟通り)
台湾の大衆料理が食べられる人気店。
数年前に店内をリノベーションし、大分綺麗になりました。
最近はよくテレビでも見かけますが…こちらのおススメ料理はなんといっても魯肉飯!
500円でこのボリューム!お持ち帰りも可能。
一昔前の中華街では、ランチと言えば500円!という感覚でしたが、
最近では500円ランチを提供してくれるお店も少なくなりました。
そんな中頑張っているのがこちらの秀味園さんです。
ルーローハンの他、スタッフのおススメは蒸し鳥と煮込んだつまみプレート。
ぶ厚く切られた豚耳、煮卵、昆布、干し豆腐。
ここの豚耳は本当においしいです。
蒸し鶏は塩味がしっかりきいていてお酒がすすんでしまう味…


そして今回最後を飾るのはこちらのお店。
FUSION DINING TRES(トレス)(上海路)
中華そっちのけで通い詰める方の多い創作イタリアンの人気店です。
日替わりのランチパスタやリゾットをお目当てに行くといっつも混んでいます。
過去の日替わりメニューより、白イカとすだちの手打ちパスタ
ジャガイモニョッキのゴルゴンゾーラソース
夜もなかなか予約が取り辛いお店ですが、デートにもピッタリの雰囲気です!



さて。
ブログを書きながらお腹が空いてきてしまいましたので本日はこの辺で。
今回ご紹介したお店以外にもおすすめ店はあるのですが、
またの機会にご紹介をさせていただこうと思います。

気になったお店がございましたら、是非足を運んでみてくださいね。
それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166