2017年1月17日火曜日

2016年クリスマスイベントのご報告~Vol.1~

こんにちは。山手ロイストン教会でございます。
新年が明け、早くも半月が経とうとしておりますが、皆様も普段の日常のペースに戻りましたでしょうか。
時間が飛ぶように過ぎていく今日この頃・・・すぐに2017年の年末が来るような気がしてなりません。

さて、本日のブログは、去年を少し振り返りまして、クリスマスイベントに関して2週に渡りご報告させていただこうと思います。
今年は23日(祝日)、24日と25日が週末に重なったこともあり、3日間を通して
本当にたくさんの方々が集ってくださいました。
皆様本当にありがとうございます!

まずご紹介させて頂くのは、12月23日に行われました、
毎年恒例のクリスマスコンサート&ランチです。
以前にも増して、お申し込みが多く、ご参加いただけなかった方もたくさんいらっしゃいました。
ご希望に沿うことができなかった皆様、誠に申し訳ございません。

イベント当日は、とても天気が良く、12月とは思えないような暖かな日でした。
我々スタッフもとにかく天気の良いことを毎年祈っているので、本当に安心しました。



♪チェロ無伴奏組曲第3番より
 プレリュード
 アルマンド
 ブーレ
 ジーグ
♪管弦楽組曲第3番より
 ガボット
 アリア
♪2つのバイオリンの為の協奏曲 d-mol BWV1043より
 第2楽章
♪アヴェマリア(J.アルカデルト)
♪アヴェマリア(G.カッチーニ)
♪アメイジング・グレイス


アンコールはイングランド民謡「グリーンスリーブス」でした。

続いては、皆様お楽しみのクリスマスランチです!!
天気が良かったので、とても気持ちのよいクリスマスランチになりました。

皆様思い思いにランチを楽しんでいらっしゃいます。

「鮑の岩塩パイ包み」
ほんのりと塩味のついた歯ごたえのある鮑です

シェフが目の前で盛り付けをします。
ロイストンハースの定番!看板メニュー!!
「国産牛サーロインのロースト」
ぶ厚めで美味しそう~(^^♪

こちらも料理長が盛り付けを行います。
「七面鳥胸肉のバロティーヌパイ包み焼き グレイビーソース」

シェフセレクトのチーズたち。美味しいチーズにワインが進みそうです。

お待ちかねのデザートはティラミス。
見た目は少し地味ですが、濃厚な味は絶品!!
皆様にも大変ご好評をいただきました。
今回はお土産として、デザートの販売も行いました。

クリスマスノエルケーキ🎄
こちらも純生クリームで風味豊かな濃厚クリームです。

お土産にとたくさんお買い上げいただきました。
ありがとうございました。
皆様、ご参加いただきまして本当にありがとうございました。
今年も昨年同様、多くの方にお集まりいただき、
楽しんでいただけたようで大変うれしく思っております。


次週はクリスマスイヴ礼拝、クリスマス礼拝の様子をご報告させていただきます♪

それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごし下さいませ。


山手ロイストン教会
TEL045-625-1166


2017年1月14日土曜日

1月15日の礼拝

年始は比較的あたたかい日が続きましたが、最近は冷え込んでいます。
お天気のいい日は、倶楽部ハウスA番館のお庭からきれいに雪化粧した富士山が臨め、
とても清々しい気持ちになります。
先ほど、教会でも雪がちらついていました。
横浜で雪を見ることはあまりありませんので珍しく、思わず空を見上げてしまいました。




明日の日曜礼拝は、「変化するであろう新しい年の初めに」というタイトルで
牧師先生のお話があります。
讃美歌は
34番「いのちのたびじは」、
312番「いつくしみふかき」の2曲です。
共に歌い、神様を讃美しましょう。

それでは、引き続きすてきな週末をお過ごしください。


山手ロイストン教会
横浜市中区山手町241-1

2017年1月10日火曜日

手作りミルト酒(ギンバイカのリキュール)その②

明けましておめでとうございます。横浜山手ロイストン教会事務局です。

三が日までの暖かさはどこへやら寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
華やかで忙しかったクリスマスから一転、年明け以降の山手ではゆったりとした時間が流れています。
教会もひっそりとしていますが、お庭に出るとミモザや桜が来たる春に備えて蕾をたくさんつけている様子がうかがえます。


先日、去年の冬に漬け込んだギンバイカの実のリキュール(ミルト酒)の熟成が完了したので、次の仕込みを行いました。
お酒の材料となっている「ギンバイカ」は山手ロイストン教会隣地の倶楽部ハウスA番館庭に植えられています。

ギンバイカの花。ポプリ・リキュール・フラワーアレンジメント等、利用法は様々

日本ではあまり馴染みのない樹木ですが、古代ギリシアの頃から非常に縁起の良い植物とされ、結婚式等祝い事の際に花、果実、葉を利用する習慣がありました。
欧州ではマートル、ミルトスと呼ばれ比較的ポピュラーな庭木として親しまれているそうです。
(蛇足ですがハリー・ポッターシリーズの登場人物、「嘆きのマートル」の名前もこの植物からとられているそうですよ)

乾燥したギンバイカの果実

さて、昨年はギンバイカが豊作だったので、それらを十分乾燥させた後アルコール度数50%の蒸留酒に漬け込みました。詳しくは前回の投稿をご覧ください↓

手作りミルト酒 その①

それから一カ月以上漬け込んだものがこちら

完熟したギンバイカの実はブルーベリーの様な深い青紫色をしているのですが、充分漬け込んだことにより、成分が蒸留酒に移っています。
開封してみるとフルーツとスパイスの両方を思わせる爽やかな香りが…

透明だった蒸留酒は赤ワインのように色づき、深い青紫色だった果実は成分が抜けて赤紫色になっています。
すごく減りました

果実を除き不純物を濾し取ると瓶の半分以下の量になってしまいました・・・
この原酒に同量のシロップを加えるのが一般的な方法らしいのですが、今回はシロップの代わりに蜂蜜を使います。


アカシア蜂蜜を惜しげもなく投入します!なんと1キロ以上も使いました。

乾燥させたギンバイカの葉。ほのかにローリエやコショウの様な香りがします
最後に乾燥させたギンバイカの葉を一緒に瓶に入れます。ギンバイカは葉っぱもハーブとして肉料理や煮込み料理に使うことができるそうです。


作業はこれにて完了。封をしてここからまた2週間ほど冷暗所で熟成させると完成です。
味見が待ち遠しいですね!
完成後のご報告をぜひ楽しみにお待ちください☆彡

それでは皆様、引き続き素敵な一週間をお過ごしくださいませ。

山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2017年1月7日土曜日

1月8日の礼拝

明けましておめでとうございます。
皆さま、お正月はどの様にお過ごしになりましたでしょうか?
今年のお正月はお天気も良く、お出かけになられた方も多くいらっしゃると思います。





さて、明日は今年最初の日曜礼拝です。
「変化するであろう新しい年の初めに」というタイトルで牧師先生のお話があります。
讃美歌は、34番「いのちのたびじは」
312番「いつくしみふかき」の2曲です。
共に神様を賛美しましょう。

それでは、皆様すてきなお休みをお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2016年12月28日水曜日

ア・カペラトリオによるカペラッテコンサート 

12月のロイストン教会はイベントが多く行われました。
本日ご紹介するのは、18日に行われましたカペラッテのクリスマスコンサートです。

2001年に結成されました女性3人によるア・カペラトリオ。
中世ヨーロッパの教会音楽から世界の民謡や伝承歌、オリジナル曲をレパートリーとし、活動の舞台はコンサートホールや教会、寺院など、幅広く活躍する方々ですが、今回はご縁がありまして当教会でコンサートをしていただくこととなりました。

約1時間弱のコンサートでしたが、とても充実したコンサートでした。
曲目リストはこちらです。

♪天をおつくりになられた方~チェスターの修道女の歌~
♪アレルヤ、と讃歌を歌え
♪今日、子どもらの声が響きわたる
♪喜びたまえ
♪アヴェマリア
♪飼い葉おけにすやすやと
♪ファースト ノエル
♪アメイジング グレイス
♪きよしこの夜
♪(アンコール)ホワイトクリスマス

教会に響き渡る柔らかいハーモニーが耳に心地よく、心洗われるようでした。
ご参加のお客様からも嬉しい言葉をたくさんいただき嬉しい限りです。
3人の作り出す世界観に吸い込まれるようで、あっという間の1時間でした。

衣装にもこだわっていて、まるでギリシャ神話に出てくる女神のようですね。
教会の雰囲気ともとても合っていました。

とても珍しい楽器で見たことがなかったのですが
古代ギリシャを起源とすると言われている「プサルター」という弦楽器だそうです。

完全予約制のコンサートでしたが、多くの方にお越しをいただき
大変好評のコンサートとなりました。
コンサートの後は、同じ敷地内のA番館でランチパーティーです。
素敵な音楽の後は、洋館でおしゃべりと美味しいお食事を!!
シェフが心を込めて用意した美味しいお料理とパティシエ特製のブッシュドノエルをご堪能いただきました。
残念ながら、お食事のお写真を撮り忘れてしまい、ご紹介できないのですが、
ケーキはご覧のような豪華なロールケーキでした!!

目にも鮮やかなブッシュドノエルです
皆様、お写真をたくさん撮っていました
もちろん!!味は保証付きです(*^-^*)
カペラッテのお三人、そしてご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。


さて、いよいよ今年も残すところ数日となりましたが、今年のブログ更新も本日が最後となります。
12月23・24・25日のクリスマスイベントの模様は新年のブログでご紹介したいと思いますので、ぜひ楽しみにしていて下さい。

尚、山手ロイストン教会事務局は明日が年内最後の営業日となります。
来年1月6日(金)10時より、開始いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは皆様、今年一年誠に有り難うございました。
神様の祝福が皆様の上に豊かに注がれますようにお祈りいたします。

山手ロイストン教会
TEL045-625-1166









2016年12月24日土曜日

12月25日のクリスマス礼拝

先ほど、クリスマスイブの礼拝が終了いたしました。
今年のクリスマスイブ・クリスマスは土曜日・日曜日ということで
多くの方と祈りのひとときをもちたいと、こつこつ準備を進めてきました。
たくさんの方に礼拝にお越し頂き、スタッフ一同とても嬉しく思っています。





明日(25日)はクリスマス礼拝があります。
「キリストに与えられた機会を活かすには」というタイトルで
牧師先生よりお話があります。
讃美歌は、106番「あら野のはてに」
112番「諸人こぞりて」
111番「神の御子は」
103番「牧人ひつじを」
109番「きよしこのよる」の5曲です。

特別礼拝ということで、いつもより曲数が多いですので
皆様で心をあわせて讃美しましょう。

それでは、皆様すてきなクリスマスをお過ごし下さい。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2016年12月20日火曜日

「逃げ恥」で横浜巡り

皆様こんにちは。
本日も山手の丘はとても天気が良く暖かい日差しが気持ち良いです。
こんな日はお出かけしたくなりますが、ひょっとすると今日は学校や仕事が終わったら、家路を急ぐ方が多かったりするのでしょうか??

今夜10時は話題のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回ですね!!



ドラマの番宣をするわけではなく・・・。
ロケ地に横浜周辺が広く使われており、更には横浜市とタイアップした観光マップを配布するなど、横浜の観光スポットをたくさんの方に知ってもらえる良い機会になったようです。
横浜市の意気込みを感じますね。


残念ながら、教会事務局にはドラマを見ているスタッフはいなく、かく言う私も周りからの強い勧めで、9話から見始めた次第です(^-^;
本当に横浜の定番スポットが多くて驚きました!!
前回のドラマを見ていて分かっただけでも、象の鼻パーク、赤レンガ倉庫、元町商店街、アルテリーベ、ベイスターズ通り・・・等々、内容より背景が気になる始末。
やはり馴染みの場所が映ると嬉しくなります(*^-^*)
こうして見てみると、横浜の観光スポットは本当にたくさんあるんだなと改めて感じます。
こちらのブログの定番記事でもある山手西洋館でも番組オリジナルのクリアファイルを配布するキャンペーンを行っていました。(残念ながら、先着のため終了しているところが多数の様子です)
先着8000名ということでしたから、それだけ多くの方が訪れているということで、ドラマの影響は本当にすごいなと驚いてしまいます。

横浜はみなとみらいを中心に本当によくドラマの撮影を行っていますが、
実は、我々山手ロイストン教会にも撮影依頼がちょこちょことあるのです。
教会という宗教施設故、なかなかお受けすることができないのが現状ですが、平匡さんとみくりちゃんがハッピーエンドとなった暁には、ロイストン教会で挙式を!!なんていう想像(妄想?)をしながら最終回を楽しみたいと思います。

山手ロイストン教会の本年度の一般開放日は既に終了しましたが、来年も機会があればまた設けたいと考えておりますので、横浜観光と併せて、皆様にぜひ訪れていただければと思います。

また、引き続きのお知らせになりますが、12/24(土)は15:30/18:00、12/25(日)18:00よりクリスマスの礼拝を行います。
聖なる夜を教会でお過ごしになってみませんか?
お庭ではホットワインのご用意もございますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
教会のクリスマスの飾り付けも見納めとなりますので、ぜひご覧いただきたいと思います。

最後に、来年前半の教会行事のパンフレットが完成いたしましたので、こちらもご紹介させていただきます。
詳細の更新はホームページにてご案内をいたしますので、チェックしてみてください。


それでは皆様、引き続き良い一週間をお過ごし下さいませ。

山手ロイストン教会
TEL045-625-1166